アンテナを取り付けて大好きな番組を堪能しよう

見たいテレビ番組が地上波では放送していない!そんなときは……

アンテナ取り付けでフィギュアスケートの大会がたくさん楽しめる

ここ最近、テレビでフィギュアスケートの大会をよく見るようになりました。それに伴い、多くの大会を見るためにアンテナの取り付けを検討する人が増えてきています。

アンテナ取り付けを依頼する理由

アンテナ

地上波放送だけでは物足りない、より多くの番組を視聴したいという人には、衛生放送の受信がオススメです。衛生放送を見るためには、アンテナの取り付けをする必要があります。取り付け作業を自分の手で行なう人もいますが、経験や知識が無いという人はプロに任せましょう

アンテナ取り付けでフィギュアスケートを楽しむ人の声

好きな選手が追いかけられます!(25歳/女性)

よくテレビでフィギュアスケートの大会を見ているのですが、地上波では放送されない大会も多くあることを知り、衛星放送用のアンテナを取り付けることを決めました。今までは地上波で流れない大会の結果をネットで確認するだけでしたが、アンテナ取り付け後から結果だけでなく選手の演技をちゃんと見られるようになり、とても満足しています。衛星放送は多くの大会を網羅しているので、お気に入りの選手が出場する大会もきっちり視聴することができます。

アンテナの取り付けをすると見られるチャンネル・番組の数が増えます。ただ、取り付けるアンテナの種類によって受信環境が大きく違ってきます。

テレビ放送の種類一例

  • 地上波アナログ放送
  • 地上波デジタル放送
  • BSアナログ放送
  • BSデジタル放送
  • 110°CSデジタル放送
  • CSデジタル放送

このように、衛星放送には多くの種類があります。アンテナの取り付けをする行なう際は、まず自分がどの番組を見たいのか、そしてその番組はどの放送で見られるのか、という部分を考えましょう。

フィギュアスケートのチャンネルが多く見られる放送

地上波よりも多くのチャンネルがあるBS・CS。これらが衛星放送の類であるということは分かっていても、どのような部分に違いがあるのか、ということを知っている人は結構少ないのです。それぞれの違いについて見ていきましょう。

見られるチャンネルの違い

BSとCSの違いを分かりやすく言うと、BSは高画質のハイビジョン番組が中心であり、CSはチャンネル数が多く、そのほとんどが専門性の高い内容である、という感じです。今世間一般で使われている「BS」「CS」という文字を訳すと、BSが「Broadcast Satelite=放送衛星」であるのに対し、CSは「Communication Saetelite=通信衛星」となります。BSは一般のテレビ放送のために打ち上げられた衛生でしたが、実はかつてCSは企業や専門業者、国などから認可を得た機関しか受信できませんでした。専門性の高い番組・チャンネルが多いのにはそのような背景があったのです。

見るために必要なアンテナ

BS放送やCS放送を自宅で見るには、専用のアンテナが必要になってきます。見たい放送の受信アンテナを取り付ければ、自宅でその放送が見られるようになります。ただ、今BS放送とCS放送の両方を受信できるアンテナも販売されているので、1台のアンテナと1台のチューナーがあれば2種類の衛星放送を楽しめるようになっています。

「CS放送だけでいい」「見たい番組だけ見られればいい」という人は、受信したい放送専用のアンテナを取り付けましょう。BS放送とCS放送、どちらも受信したいのであれば、両方の受信に対応したアンテナを取り付けることをオススメします。